HOME > 蓄電池

蓄電池STORAGE BATTERY

蓄電池 電気を貯めて、好きな時に使えるのが蓄電池です。
今までは停電時のバックアップ電源として使われる産業用の蓄電池がメインでした。
最近、自然災害が増えていることや省エネ推進が進んでいるので、家庭用の蓄電池が注目を集め始めています。
太陽光発電と一緒に使うことで効果が大きくなります。自宅でエネルギーを作って効率良く使う「スマートハウス」に欠かせないシステムになっています。

    蓄電池のメリット・デメリット

  • メリット

      1

      太陽光発電と組み合わせて売電量を増やせます
      購入電力を減らすこともできます
      太陽光発電の設置容量に合わせて、太陽光発電の売電量を増やしたり、太陽光発電で賄えない時間帯の電気を蓄電池でカバーして購入電力を減らすことができます。
      太陽光発電の設置容量が小さい方
      充電した電気で賄った分売れる電気が増える 深夜の安い電力を蓄電池に貯めて昼間に使います。
      昼間の太陽光発電で作った電気は使わずに、多くを売電にまわせます。売電量を増やすタイプです。
      太陽光発電の設置容量が大きい方
      充電した電気で賄った分買う電気が減る 深夜の安い電力を蓄電池に貯めて、太陽光発電で賄えない時間帯に使います。
      太陽光発電で賄えている時間帯は太陽光発電で賄います。日中に電気を使わない方にオススメの購入電力を減らして買う電気を減らすタイプです。

      2

      災害時や停電時に利用できるから安心です
      非常時は特定した機器に電気を供給します お年寄りや病気を抱えた方、小さなお子様がいる家庭では電気が無くては暮らしていけません。蓄電池は万一の時にもしっかりと備えることができます。蓄電池は災害や停電時に貯めた電気を使えるので安心です。停電時に使いたい家電製品を設定しておくことができるので、太陽光発電や蓄電池から電力で停電時にも止まることなく連続で使い続けることもできます。

      3

      太陽光発電のパワコン買い替えと一緒に蓄電池の導入が増えています
      パワコン一体型蓄電池のメリット 売電量が増える 設置場所を取らない 蓄電池にはパワーコンディショナー(パワコン)一体型のものがあります。太陽光発電と蓄電池のパワーコンディショナーを一体化しているので場所を取りません。今使っている太陽光発電のパワコンより変換効率が良ければ、何もしなくても太陽光発電の売電量が増えます。
  • デメリット

      1

      蓄電池の容量によって貯められる電気量が変わります
      蓄電池に貯められる電気の量は無限ではありせん。小型の製品だと蓄電容量が少ないものもあり、製品ごとに電気を貯められる量が違います。使った分は減るので非常時に備えて電気を貯めておかなければいけません。

      2

      いずれは交換が必要です
      蓄電池に使われているリチウムイオン電池は携帯電話と一緒で、充電を繰り返していると劣化していきます。充電するごとに貯められる電気の量が減っていくのでいずれは交換が必要になります。メーカーごとに保証期間や充放電サイクルの回数や残存容量が変わります。

      3

      蓄電池を置く場所が必要です
      蓄電池の大きさの目安は、およそ幅100cm×奥行30cm×高さ120cmです。小さめの物置くらいの大きさです。この大きさの蓄電池が置ける場所が必要になります。設置場所は高温や低温になりすぎず結露しない場所が理想的です。

    蓄電池の補助金

  • 蓄電池の補助金申請の流れ 蓄電池の設置には補助金がもらえる場合があります。蓄電池の補助金には「都道府県」と「市区町村」からのものがあります。全ての都道府県や市区町村で補助金をもらえるわけではありませんし、補助金には年ごとに限りがあります。補助金が終わる前に設置することが理想的です。補助金の申請からお引渡しまではおよそ2ヶ月かかります。

    蓄電池の価格

  • 蓄電池の価格は大きさや用途によって変わります。蓄電容量の小さいものは数十万から、家庭の電気をある程度賄える容量を備えた蓄電池の多くは100万円以上です。設置費用は蓄電池の容量や設置する場所や環境によって変わります。
      蓄電池の購入や設置にローンが使えます
      蓄電池を付けたいけど一度に全額を用意するのは難しいという方は、ローンをご利用いただけます。
      蓄電池にかかるその他の費用
      蓄電池の設置には、本体価格の他に設置工事費、基礎工事費、特殊な配線工事を必要とする場合の追加工事費などの費用がかかります。工事の内容は設置場所によって変わります。

無料見積り・相談フォーム

お問い合わせしたからといって営業マンが強引な営業をするなど、あなたの迷惑になるような営業活動は一切行っておりません。安心してお問い合わせください。
通話料無料のお電話か24時間受付のインターネットから問い合わせください。

0120-914-531

受付時間9:00~18:00 水曜定休

メールでのお問い合わせ・ご相談

任意検討中の商品
必須お名前
必須Eメール
必須TEL
任意郵便番号
※郵便番号を入力すると自動的に住所が表示されます
必須住所
任意屋根の素材
任意お問い合わせ内容

京セラセラミック包丁

シミュレーションした方に京セラセラミック包丁プレゼント

売り込み・リスク無し無料見積依頼

    気に入らなければ
    断ればいいだけです

屋根の形状別工事工程

支持瓦支持瓦の工事工程
長期保証・定期点検

対応エリア

埼玉県
上尾市・入間市・桶川市・加須市・川越市・北本市・行田市・久喜市・熊谷市・鴻巣市・坂戸市・幸手市・狭山市・秩父市・鶴ケ島市・所沢市・蓮田市・羽生市・飯能市・東松山市・日高市・深谷市・本庄市・入間郡・大里郡・北足立郡・北葛飾郡・北埼玉郡・児玉郡・秩父郡・比企郡・南埼玉郡
群馬県
伊勢崎市・太田市・桐生市・高崎市・館林市・前橋市・みどり市・佐波郡